★★メッセージ★★


運動が苦手な方も身体がかたいからと諦めている方も、無理なくはじめられるようなプログラムです。 よろしくお願いします! 一緒にヨーガの効能を体験いたしましょう。

がんクラス向上委員会

がんクラス向上委員会_logo.jpg
がん体験者を対象とした ヨーガクラスを開催するスタジオ・ 指導者の任意団体です。 委員会のメンバーです。

qrcode

おそれいりました!

0

    先日、私の師であるマスタースダカーの元に一人の生徒さんをお連れしました。
    彼女は多発性硬化症という難病を患っていて、体に力が入らず痛みを伴うこともしばしば。

    でも熱心に私のクラスに毎週参加され、目を輝かせ「ヨガってすごいですね!練習したあとは全然体調がちがいます!」とおっしゃいました。

    すこし遠いけど、私と一緒に私の師匠のクラスに行きませんか?とお誘いしたら、即参加したいとお返事をくれました。
    杖をつき歩行も体調によってはままならず、 軽い運動も二時間が限度という彼女にとって、
    見知らぬ外国人ヨガマスターのWSに遥々電車を乗り継ぎ向かうことにどれだけ勇気とエネルギーがいっただろうかと思います。

    クラスで彼女は本当に頑張りました。
    マスターの、「自分を縛っている“思い込み”はなんだ」という問いかけも真剣に考え、前半クラスが終わった後の爽快さのまま後半にもトライしたいと言ってウッタナパーダーサナの効能をまなび震えるような(心も脚も!)体験もして足が軽くなり安定してスッと立つことができました。

    直後は腰が抜けた状態だったのに、少し休んだらすぐに立って歩けるように。そして、帰りは買い物までして帰ることができたと。

    あっぱれです。

     

    良くなってほしい、効能を得てほしい、その思いが過ぎすぎて
    それがその人に対しての私のコントロールするエゴではないかと悩む日もあります。

    そんなときも、答えをくれるのは生徒さんだったりします。

    彼女は毎晩悪夢を見ると言いました。朝はぐったりしてめが覚めると…
    この日、WSのあと、あまりにも彼女が快適で付き物が落ちたようなお顔をしていたので
    「今夜は悪夢を見ないでぐっすりねむれるかもね!」と私は言いました。(期待とエゴ)
    次の日、練習に来た彼女に「眠れた?悪夢は?」と聞きました。
    彼女は「悪夢、やっぱり昨日もみました。」
    そういったので、「え、そうかー」と私。(残念な気持ち、コントロールとエゴ)


    「でも違うんです!いつもは悲しかったり辛かったりする夢の内容にグッタリしてしまうのに、今朝は同じ悪夢をみたというのに、すっきりしていて他人事みたいでした!」

     

    わぁ。やられた。

    彼女のほうがよっぽどヨギです。確実に一歩前に進んでいます。恐れ入りました!

    JUGEMテーマ:ヨガ

     


    コメント
    コメントする