★★メッセージ★★


運動が苦手な方も身体がかたいからと諦めている方も、無理なくはじめられるようなプログラムです。 よろしくお願いします! 一緒にヨーガの効能を体験いたしましょう。

がんクラス向上委員会

がんクラス向上委員会_logo.jpg
がん体験者を対象とした ヨーガクラスを開催するスタジオ・ 指導者の任意団体です。 委員会のメンバーです。

qrcode

ヨガクラス納め

0
    今日でヨガクラス納めでした。
    今年も気持ちよくレッスンさせていただいたスタジオや市の職員の皆さま、施設やボランティアのスタッフの皆さま、ありがとうございました。
    ママヨガクラス。
    今年もたくさんの赤ちゃんとお母さんに会いました? 産後のお悩みにもたくさんお付き合いしました。
    マタニティクラス。
    生徒さんの中には今頃分娩台の上かも!って方もいます。
    子宮口が開きだしました(^ ^)っていう、ギリギリまで来てくれました。
    どんな赤ちゃんに会えるか楽しみです。 障害を持った若者達のクラス。
    ここは昨年より活気付いてきました。 有り余るエネルギーを体を張って受け止める真剣勝負ですが、何度も彼らの姿に感極まりました。
    更年期中心のアダルトクラス。
    ここは安定の成熟感(笑)。
    たまに参加される彼女達のご家族や学生さん達も新鮮な風を運んでくれましたね。
    病気治療中の方も一時帰宅の度に参加してくださいました。
    そして、年末最後のクラスで、
    「恒例!今年を振り返り皆さんにお聞きします!」シリーズをやりました。
    「今年、自分の身体(肉骨臓器皮膚全て含め)でいちばん感謝の気持ちや労いの言葉を送りたいのはどこですか?」

    子宮、肝臓、胃、腰、腸、首、乳房、腹の脂肪‥‥

    みなさん、かなり真剣に考えあぐねて答えてくれましたね。それぞれ何故そこか、っていう理由が面白く個性的で、みんなでシェアしながら年末らしい賑わいで最後のクラスをしめることができました。
    「マキ先生はどこですか?」と生徒さんにすかさず聞き返されましたが、後日答えは別の日記に書きますね。ふふ。
    センセイ業をしていてほんとに嬉しかった言葉の数々も忘れません。
    「ヨガのこんなポーズをしても身体がちっとも痛くない!と驚きました」
    「痛かった足首がヨガをしたらすっかり良くなりました」
    「クラスに来なければ、これほど自分の身体、とくに内臓にまで意識を向けなかった!」
    「娘がみるみる元気になっていきました。」
    そして、
    「女性に生まれてよかったと、何度も思えました」


    みなさんありがとうございます。
    来年も更に学びを深め、町のヨガ処を充実させていきたいです。更年期真っ只中ですが怖れず闊歩したいと思います!
    どうぞ来年もよろしくお願いいたします。

    とりあえず、両親×2の介護で
    プライベートはテンテコマイですがこれもいつか私の血となり肉となると信じてます。
    へんなこじつけ無しに、ヨガがあってよかったと心から思っています。
    引き続き共に学びましょう!
    #年末のご挨拶 #ヨガクラス納め #醸せません年の瀬感



    今日の先生

    0
      【今日の先生】
      1「それでは今からヨガの練習をはじめます!」
      2「まず、お手本をみせますね。」
      3「ヴィアガラーサナといいます。」
      4「インドの虎のポーズなんですよぉ〜」

      この先生、一年前はマタニティヨーガのクラスに胎児として参加されてました(笑)
      赤ちゃんは全てを持って生まれてくるんだよなぁ?と、あらためて思いました。

      コツコツと築き上げる。

      0

        ちょうど2年前の同じ日、私は府中市にある障がい者就労支援施設でヨガとバランスボールのクラスをやっていたんだ!

        と、フェイスブックの記事で気がつきました。

        今日は雨で風邪が流行ってて憂鬱な日だけど、2年前より人数が増え、会場も広くなって、何よりみんながわたしに慣れてくれて、
        「ヨガ楽しかった!」って声かけてくれる。

        うまく言葉を発せられない方の言わんとするところをジェスチャーをみて少しだけ、ほんの少しだけだけどわかるようになりました。

        数字が得意な方は、次回のヨガの日を必ず私に正確に伝えてくれるし、私が慌てて初めのご挨拶をしないで始めると指摘してくれる(笑)

        月に一度だけれど、大事にしているクラスです。
        嬉しい日でした。

         

         

         

        JUGEMテーマ:ヨガ


        おかえり

        0

          こんなにのどかな田舎でクラスをはじめて早8年。

          生徒さん一人一人がこの場を大切に思ってくださる気持ちが毎回伝わってきて、

          私も自然と皆さんに寄り添うことができるクラス。

          子育てが一区切りついた方、親の介護に精一杯の方、管理職として仕事に邁進されている方、

          病後の体力作りに励む方、療養中のお子さんと一緒に参加される方…

          あたりまえだけど、ヨガをはじめたきっかけはそれぞれ。 変動の激しい年代を生きる彼らはたまに休息をしたり、

          時に来られなくなっても、また戻ってきてくれる。

          そしてまた‘それぞれ’がヨガの効能を体験され、何かしら感じて「また来週!」と笑顔で帰る後ろ姿を、見送るのが好きです。

          それがあたりまえではないことを知っているから、なおさらそう思うんです。 いつもありがとう。

           

          ++++++++

          【ヨガクラスの生徒さんの投稿より】 「3ヶ月振りのヨガ 会場入口手前の田圃での稲刈りに足が止まる 家族親戚総出の行事だった子どもの頃を懐かしむ 久し振りに会った先生や仲間たちの笑顔に優しく包まれ、全てのことから開放され、自分だけに集中できる空間 胸の後ろが緩み、呼吸が楽になり、緊張していた3ヶ月を実感する」


          見守る目

          0
            ある日。

            第一子からお付き合いのある生徒さんが、3人目の赤ちゃんを連れて出産後はじめてヨガクラスに来てくれました。

            周りの熟女達が赤ちゃんに吸い寄せられている光景がまたほのぼのと幸せで。

            この隙にお母さんはトイレに行ったり自分のお支度をしたりします。

            ほんの少しの「見守る目」があるだけで、お母さんは自由になったり捗ったりホッと一息つけたりするのです。

            #子育て #頑張れ母さん

            春を感じます。

            0
              月に一度、府中市と調布市の障がい者支援施設の利用者さん達とヨガやバランスボールを楽しんでいます。
              みんなと一緒にやるのが苦手な人も、身体を触れられるのが嫌な人も、注目されたい人も、ひたすら真面目に取り組む人も、
              それぞれの個性がありますが、回数を重ねるごとにとてもいい具合にクラスを進めることができるようになりました。

              試行錯誤します。勉強もします。でも場の温度(室温じゃなくてみんなのテンション)や空気感を読むのが一番難しくかつ重要だと教えられました。
              春からまたお二人増えるそう。 別れがあれば出会いもある。
              そんな春です。


               

              自分の足で歩くために。

              0
                ずっと市の公共施設の企画でやりたいと思っていた、講座です。

                たくさん応募いただき、抽選になってしまいましたが、御縁のあった皆さんと初めてのヨガを楽しむことができて幸いです。

                他のクラスの生徒さんを見ていても思いますが、いまはご高齢の方でも、病気の後遺症を抱えた方でも、ストレッチや軽い運動をとても積極的に日常に取り入れているかたが多いんだなという印象です。
                「一日も長く自分の足で歩く」ということに関して、とっても意識が高いのです。

                第一回目終了後は、呼吸によって普段動かしている身体にも少しちがう感覚を味わえたとか、このポーズは腰が痛くなるものだと思って避けていたけど全く痛くなかったとか、嬉しい感想をいただけました。

                足指のジャンケンが宿題です(笑)
                たった2回だけの講座ですが、みなさんの(アンチじゃなくて!)ヘルシーなエイジングへの糸口になれたら嬉しいです。


                「やっててよかった」と思えること。

                0
                  今日、府中市はJazz in Fuchu開催中。あちこちから音楽が聞こえてきます。
                  そんな連休中にもかかわらず、朝からクラスにお越しいただいたみなさん、ありがとう。お疲れさまでした。

                  毎回コンディションをお聞きするんだけど、シェアしてくれたひと言ひと言の、その感受性に驚くことばかり。こつこつ練習を重ね、心も豊かになって、「これもヨガをやっているからこそ」とか「ヨガをやっていたから腑に落ちた」とか嬉しい報告に胸が熱くなりました!

                  身体や心が敏感になればそれだけ外側からの力に翻弄されてしまう感覚もわかるようになる。
                  マインドが揺れるとやはり疲れてしまう。楽しいことをしていても嫌なことをしていてもそれはきっと同じように
                  心が振り回される状態。
                  身体を動かすことが精神衛生上よいというのがよくわかるのはこういう時です。もくもくと動いて呼吸して伸ばして緩めていく間に、頭に上った気が下がって安定してくる感覚がある。

                  クラスが終わって生徒さんが言いました。
                  ふわふわしていたのに地に足がしっかりつくようになった!

                  はい。連休明け、はりきっていきましょう。


                  ※文章とは関係ありませんが、私の最年少の生徒さんです(*'ω'*)
                  JUGEMテーマ:ヨガ



                  再会

                  0
                    かれこれ8年近く同じ土地でクラスを開催していると、
                    第一子妊娠中からご縁がある生徒さんが、産後クラス→第二子マタニティクラス→第二子産後クラスと
                    続けてきてくださっているかたもいて、ずいぶん長いお付き合いになっている方もちらほら。

                    この日も産後久々にクラスにいらした生徒さん、去年の冬にお腹にいた子を連れてきてくれました。
                    玉のような男児でした!
                    こうしてまた一緒にヨガできて嬉しいかぎりです。

                    春になって続々と2人目妊娠のご報告もうけるこの頃。再会を楽しみにしています。
                    マタニティと産後のクラスの醍醐味を存分に味わいます!(私がね^^)
                    この日は、3組のはじめましてのお母さんとベビーもいらっしゃいました。
                    産後の母に、子育て真っ只中の母達に、ヨガが教えてくれること、たくさんあります。
                    私はそれを少しでもお伝えできたらいいなと、心から思います。

                    全てをあたりまえと思わずありがたいと思うこと。

                    0
                      知的障がい者就労支援施設にて。
                      今日もいっぱい身体を動かしてきました。
                      ここの子たちはバランスボールが大好きです。 ヨガはちょっと苦手です。
                      ここには様々な障害の程度の青少年がいます。 始まる前にスタッフの方が「A君はちょっとヨガは無理かも」とおっしゃいました。 始まってみると、A君は、ヴリッチャーサナが一番得意でした。木のポーズです。長い手足で一人壁のほうを向いて、
                      だけどすっと片足で立っていました。
                      「自分を律して立つ」
                      「今持っている力で人の力を借りず立つ」
                      「心を開いていくことを養う」
                      「全てをあたりまえと思わずありがたいと思うこと」

                      私のヨーガの師が教えてくれたブリッチャーサナの持つ意味をあらためて思いました。

                      終わった後、一人の女性Sさんが「先生、今日がヨガ最後なんです」と声をかけてくれました。
                      就職が決まったそうです。 すごくうれしくて頑張ってねと言いました。
                      彼女はヨガのポーズを3つだけ覚えて毎晩やっているといいました。 毎日10分間自分のために座ることすらできていない私は頭が上がりません。
                      あーあもうほんとにうまく言えない、この思いに見合う語彙が足りないのです。ただただ思います。
                      全てをあたりまえと思わずありがたいと思うこと。
                      最後に、彼らが紙漉きをして作った温かみのある封筒で講師料をいただきました。 「ありがとうございます。」

                      | 1/2PAGES | >>